記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆腐ハンバーグのナーフについて

‪やはり豆腐ハンバーグの潜在的なカードパワーは尋常ではない。

物価の高い都内のスーパーでも必ずと言ってもいい程g100円を切る豚挽き肉と、安さの王道・木綿豆腐とのシナジーによる相乗的なコストパフォーマンスはもはや環境を壊しかねないレベルだ。

豚挽き肉においては、実は単枚の汎用性がやや低いがために、細切れや薄切りに比べて人気が無く売れ残りやすい。また木綿豆腐は消費期限が長いために常に在庫が確保してある。

そのため残業で帰りが遅くなり閉店ギリギリのスーパーに駆け込むという下ブレを引いたゲームにおいても、豚挽き肉と木綿豆腐のコンボによる豆腐ハンバーグは決まりやすく、この再現性の高さと起こる事象が、主に給料日前の財布を想定したトーナメントシーンにおいても非常に強力である。

そのため私が住む町に幾つかある奥様方による調整チーム内でも、近日このコンボ周辺がナーフされるのではないかという意見が散見される日々だ。




■豆腐ハンバーグの弱点


しかしこのコンボにも弱点がある。
主に挙げられるのが
「タイムアドバンテージの消費」
である。

非常に強力で且つ再現性の高いコンボだが、コンボ完成までの時間を要する。これによりあまりにもお腹が減っているゲームにおいてはコンボ完成前に餓死することもままあるほどだ。

この弱点の解答に対し多くのユーザーがタイムアドバンテージの生成を考えるが、やはり生焼けの危険性を考慮するとリスキー過ぎるのが現状である。




■大根おろしの採用


しかし先日、遂に生まれてしまった。この弱点を補完した豆腐ハンバーグの誕生だ。

先日行われたクックパッドCSにおいて優勝していたレシピである。


【豚ひき肉】豆腐ハンバーグ

材料(2人分)

豚ひき肉 200g
木綿豆腐 150g
玉ねぎ 1/2個
卵 1/2個
塩胡椒 少々
酒 大さじ1

大葉 2枚
大根おろし 適量
ポン酢 適量


メインストリームに関しては環境に多く存在する構築と遜色無い。強いて言えばパン粉や片栗粉を一切使用せず、卵が演出するトップの出力に重きを置いている形であることくらいだろうか。

このレシピで特質すべきはやはり下3つ。そう、おろしポン酢だ。

現環境ではその安定感と構築とプレイにかかる制限の少なさから、多くがデミグラスソースを採用している。ブラックペッパーを採用しているレシピもよく見るが、トーナメントシーンではまだお目にかかれてはいない。

そこでこのおろしポン酢だ。

正直私はこのレシピを見た瞬間、驚きのあまりナツメグを落としてしまった。

おろしポン酢と言えばデミグラスやブラックペッパーに比べ、大根を擦る過程で大きくタイムアドバンテージを失う。そんなソースを、タイムアドバンテージが最大の課題である豆腐ハンバーグに採用する?もはや暴挙である。

しかしそんなものは机上論に過ぎなかった。この圧倒的タイムアドバンテージの損失で得られたのは、更にそれを凌駕するほどの旨味。

先日の決勝戦においてもその圧倒的旨味によるフィニッシュブローで見事優勝を果たしていた。




■大根おろし豆腐ハンバーグがもたらすゲーム性の瓦解


大根おろしと豆腐ハンバーグの相乗効果による出力は、もはや弱点の補完などという生易しい現象ではない。

ゲームを通してフィニッシュブロー以外の全ての動きを放棄しても、リターンが帰ってくるほどの出力。明らかにテストプレイ間に見過ごされてしまったレベルのフィニッシュ力を演出してしまっていた。この圧倒的旨味はタイムアドバンテージの損失もものともしない。一刻も早くナーフされるべき対象であると断言しよう。

今週末に行われる公式側の見解が待たれる。
スポンサーサイト

コメント

大葉の香りのメタゲームへの影響についてもいずれ触れてくださると嬉しいです。

Re: タイトルなし

> 大葉の香りのメタゲームへの影響についてもいずれ触れてくださると嬉しいです。


やだ!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。