記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエマ置きドロソ変遷



置きドロソ【おきどろそ】
[名](スル)
置きドローソース。
プレイし、バトルゾーンもしくは他のゾーンで常駐することで効果を発揮するドローシステム。単発で瞬間的にカードを引くものに比べ、その数は少ない。


今回は置きドロソの歴史をカード毎に沿って登場した時系列順に追って紹介するよ。ヒドラみたいなリソースエンジンも色々あったけど、そこまで風呂敷広げると畳めないので、今回は置き「ドロー」システムのみに絞ったお話。

ここではあくまで当時当時の環境水準のモノの話をするので、「俺のウイングアイモスが無いやん!」とか「僕のアクアオフィサーはどこ…ここ…?」みたいな輩はブラウザバックしてね。そういうカードは取り扱いません。












《雷鳴の守護者ミスト・リエス》

デュエマのドローシステムと言ったらコレってカード。
ガーディアンは勿論、白が入るデッキならビートコントロール問わずもう何にでも入ってた。なんならアクアンコントロールにも入ってた。ドロソとドロソが被っちまったなぁ!
当時のゲームスピードだとこのカードがゲームに及ぼす影響も大きく、カード単体が生み出すゲームアドバンテージの絶対量がデカすぎた。

2016年、遂に殿堂解除。ゲームスピードの加速によりこのカードの生み出すゲームアドバンテージの絶対量は大きく凹んだ。しかし単体のカードパワーが高いのは相変わらず、タイムアドバンテージの生成に長けた白単天門のようなデッキには尚も居場所がある。











《バキューム・クロウラー》

単にドローシステムと言ってもその性質と役割は様々だ。基本的にはミストリエスの稼ぐアドバンテージの絶対量が目立ってしまうが、稼ぐアドバンテージの質や生存能力等によっては、デッキ単位で他のカードが適役である場合もままある。

その中でもこのカードはタイムアドバンテージを犠牲にすることで、アドバンテージの量と質を同時に稼ぐ特異なモノだった。
解体人形やパクリオによる恒久的な妨害と、それによる相乗的な継戦能力の確保は勿論、同弾登場のデバウラ伯や次弾登場のハンゾウとの相性も良く、正にコントロールキラーとなった一枚だ。













《海底鬼面城》
《ハッスル・キャッスル》

ミストリエスが殿堂した頃、世は正に置きドロソ時代。ニンジャストライクというタイムアドバンテージ生成システムによって置きドロソの強さは過去に無いレベルにまで到達した。

同時期に登場した城という恒久的なオブジェクトの設置に焦点を当てたコンセプトでは、その性質に違わず強力な置きドロソが登場する。

《海底鬼面城》はデメリットを抱える反面、稼ぐアドバンテージ量に対して展開に消費するタイムアドバンテージが少なく、現代においてもコンボデッキにおいて採用される1枚だ。

《ハッスル・キャッスル》はニンジャストライクと合わさりロングゲームにおいてこの1枚でゲームを決めるレベルのアドバンテージを稼ぎ、これを軸においたコントロールが長い間環境に残り続けた。超次元呪文の登場以降は、その生存能力の高さ故にミストリエスよりも厄介であるとの声を日々散見することとなる。
しかし現代においてはゲームスピードの加速化と、タイムアドバンテージ生成システムであるニンジャストライクの殿堂(中でも特にハヤブサマル)により、アドバンテージしか稼げないこのカードは影を潜めてしまった。











《知識の精霊ロードリエス》

置きドロソというドローシステムは、ロングゲームにおいて真価を発揮する。ゲームが長引けば長引くほど、ドローする枚数を増やせるからだ。特に現代水準のゲームスピードにおいては、周りのカードでそれを補佐するか、置きドロソ自らがタイムアドバンテージを生成するしかこのシステムの生きる道は無い。

このカードはその先駆けとなる一枚だった。自身がブロッカーであることは勿論、周りのカードをブロッカーで固めることで高い出力を出すこのカードは、その性質上ロングゲームやコンボ性に特化したデザインになっている。











《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》

一見、自らはタイムアドバンテージを稼げない、現代水準の置きドロソの方向性に反した1枚に見える。しかしその実、超次元ホールの選択肢の広さを武器にした1枚であり、タイムアドバンテージを稼げない相手には他のサイキックを展開するといった動きを行う事ができる。そうこのカードのドローシステムとしての一番の強みはスロット圧縮である。

対コントロールにおける強さは勿論、超次元によるスロット圧縮を武器に、腐ることの無い置きドロソとなり環境に残り続けた。











《龍波動空母 エビデゴラス》

龍覇 M・A・Sのバウンス効果と、MASを含めた計3打点の形成によるタイムアドバンテージの生成。さらにはフォートレスであることによる生存能力の高さ。望んだ全てを手に入れたかのようなデザインの置きドロソだった。しかしこれも現代のゲームスピードでは稼げるタイムアドバンテージの低さからか、影を潜めることとなる。














《暗黒鎧 ヴェイダー》
《No Date》

この頃から置きドロソは、明確に自身でタイムアドバンテージを稼げるデザインへとその姿をシフトしていく。

既に世のゲームスピードはアドバンテージの量よりも1枚の質を求め始めていた。インフレにより、数枚の有象無象よりも特定の1枚が生み出すゲームアドバンテージが大きいゲームになっていたからだ。











《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》

そして2016年12月、置きドロソ界に激震走る。遂に、置きドロソが自らで稼ぐタイムアドバンテージはここまできたのだ。

水の呪文との組み合わせによる状況変異、そして構築の負荷といったリスクを糧に、自身の持つシールドトリガー&ノーコストで大きいスペルを唱えられるといった多大なタイムアドバンテージの生成テキストを得た。

単枚が起こす現象だけを見れば、現存する全てのカードの中でもトップクラスの出力を誇るレベルのカードだ。次世代のドローシステムの先駆けと言って過言ではない。




〜〜〜


こうして並べてみると、やはりサイバーダイス・ベガスは本当の本当に革新的な1枚だ。

dmに限らずほとんどのtcgは、「アドを稼ぐ事」と「アドを消費しタイムアドバンテージを稼ぐ事」といった二つの事象とコミュニケーションを取りながら勝利条件へと近付いていく。

これがインフレが起こってくると、その両が簡単に且つ大きく出来るようになってくるためゲームスピードが上がる。そして今のデュエマのように早まったゲームスピードによりタイムアドバンテージが重要なゲームになり、アドバンテージを稼ぐ機会は減っていく。

しかしダイスベガスは単枚でその両を可能にしており、しかもそれらひとつひとつの出力が高いとなると、現存するカードを引っ掻き回しても中々出てこない。一見地味だが、実は近年のインフレを象徴する一枚になっているのだ。

実際問題、ゲームスピードがここまでくると、アドバンテージを稼げるだけのカードに大した意義は無い。タカラトミー側もそう認識しているであろうことが《王立アカデミー・ホウエイル》が世に出たことからわかるだろう。極論だが個人的には、もはや4マナなら4枚くらい引かせても全然大丈夫だと思ってるくらいだ。

さて、これからのドローシステムはどうなっていくのか。個人的にはダイスベガスは来るとこまで来たなってレベルのカードだが…。まぁドローシステムに関してはかなり現象が掴みやすいタイプのカードなので、何かしら出る度に注視して欲しい。タイムアドバンテージとの関連性を考えながら見ると結構楽しいぞ。


〜〜〜











《ウイングアイ・モス》

dm-12で登場。ロメールやスターマンと一緒の弾だからよー覚えてる。デスフェニックスがパッケージ飾ってるやつって言ったが分かりやすいか。

当時はミスト全盛期で城塞や裁が蔓延してたから、そこに巻き込まれて死ぬのがオチ。アドの絶対量も少なければ、タイミングも遅い。

しかし近年に入って種族名称のルール変更により、ジャイアントの恩恵を受けられるようになった。キリノでセイバーできるぞ!!なおパワーライン。
新弾のジョーカーズでは2マナ13000のメタ系置物が出るらしいし、実質パンツァーになれる日も遠くはないな(白目)

数年前に何かで使ったんだけど何してたかもう覚えてない…。











《アクア・オフィサー》

この記事にも書いたんですけど龍覇MASってカードがあってですね…。
ただこっちに関しては寝かせるテキストをメインに使う場合が多いんだろな。当時はサイレントスキルが仮想対象だったんだろうけど、今では光臨なりなんなりで使い道が広がったね。

どうでもいいけどフレーバーテキストの「無理が通れば、道理で疲れる。」は個人的デュエマの好きなフレーバーテキストBest10に入るよ。ザ・昔のdmっぽいフレテキで好み。

最近だとクリムゾンゲンジ覚醒させる時に使った(小声)




そんなこんなで置きドロソの話をする記事でした。ちゃんちゃん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。