記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラクエンロジックとtcgアニメの話

カードゲームとアニメ

【ラクエンロジック】
今年の初めにブシロードから出されたtcgとアニメのメディアミックス作品。アニメの方は可愛い女の子とカッコいい男の子が変身して悪と戦うみたいな王道系。

単にメディアミックス作品って言っても近年tcgを取り巻くこの在り方は日に日に形を変えていってる。個人的には現時点で大きく分けて3パターンあると思っていて、旧世代、準旧世代、新世代としてお話しゅりゅ。




【旧世代tcgアニメ】tcg→アニメ

遊戯王、デュエルマスターズなど

これらはそれを遊んでいるユーザーが主体に楽しむという傾向が強く、基盤に一定数の視聴者を抱えた状態でアニメに移っている。カードの新情報を流したりすることで、視聴率を上げたり、新作の購買欲を煽れたりするのが強み。




【準旧世代tcgアニメ】tcg⇄アニメ

ヴァンガード、ウィクロス

アニメと同時期に発売。アニメと連動させることで話題性を形成しつつも、旧世代のような販促が可能。またアニメ→tcgというユーザーの流れもあり、総合的に初期のユーザーを獲得し易い。




【新世代tcgアニメ】アニメ→tcg

ラクエンロジック

tcg→アニメ、tcg⇄アニメときて、やはり来たのはアニメ→tcg。なんとこの作品、アニメにtcgのtの字も出てこない。完全に一個のアニメとしてtcgから独立しているのだ。しかしtcg販促アニメという新鮮さ。アニメ視聴してて、合間のCMで初めてtcg販促アニメって気付いた時はその試みの強気さに驚いたもんだ揉んだ。

アニメ自体はtcgアニメ!みたいに銘打っている訳でなく普通のアニメだから、tcgやってないアニメオタクの視聴ハードルを大きく下げられる。○○アニメってジャンル絞りしてあるだけでその界隈以外の人の視聴ハードルは結構上がるからね。

そうやってアニメ観た非tcg勢が「アニメが面白いから」「キャラが好きだから」という形でtcgへ流れるのを主な狙いにしてそう。前述した話題性は残しつつね。




【ラクエンロジック率いる新世代tcgメディアミックス作品の弱点】

しかしこの体系の作品が良い事ばかりって訳でもなく、前述した二つの旧世代系tcgアニメと違い、アニメ自体がtcgから独立していることで「tcgアニメ」としての良さを失うという弱点も孕んでいる。パーって思い付く限りだと、


◼︎カードが出てこない故の販促のしにくさ

◼︎アニメとリンクさせる上で移入先となる登場人物がカードに絞られる。
(例えばデュエルマスターズだとアニメを観てデッキを組む理由が、○○(登場人物)が好きだからこの人が使うデッキやコンボを作る、△△(カード)が好きだからこのカードを使ったデッキやコンボを作る、の大きく2パターンに分かれるが、ラクエンロジックは前者が無い。これも販促のしにくさに繋がる)

◼︎アニメ作品自体が魅力的で無いとコケ易く作品自体のリスクが高い。


一応ラクエンロジックは上2つをケアするために、アニメ初めの数十秒に販促用のアニメをブチ込んでるけど、まぁお察しの通りカバー出来るほどのものじゃない。

ただこれらの弱点って基本的に上の年齢層には弱点になり得ない場合があるから無視してんのかなーっても思う。(コンセプトよりも好きなキャラのイラストやデッキの強さを重視するって意味と、低年齢層に比べ登場人物への感情移入が薄いという2点において)




以上の点から総合して、ブシロードは生き続ける強いコンテンツとしてラクエンロジックを生んだ訳ではないのかなーって感じた。あくまで非tcg勢の新規参入が目的で、そこからtcgに興味持って貰って自社製品が売れたらいいやみたいな。そこらへんはあんま詳しくないから適当抜かしてるけど。

俺もアニメ観てたけど忙しくて結局切ったなぁー。乳デカいキャラが少ない上に可愛くなかったし。話自体は王道行ってて好きだったけどね。ブシロードさんはもっとおっぱい頼みますよおっぱい。カードの方は楽しいのかね?あんまやってるとか聞かないけど。


またねー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。