記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやつ関東サイハテバスター

そこそこ勝てたデアリバスターについて。丁度ギフトの殿堂も発表されたし、次出るCSも遠いから良いタイミングで記事にできました。

まず、

■何故現環境でデアリバスターを選択したか

○バスターである理由

バスターに勝つにはバスターと同速度のショット速度を持つかガンギマリ盾マン、もしくはメタでハメ殺すくらいしかない。それぞれ熊、青白天門、サザンなどがそれに当たる。しかしどれだけバスターが多いと言っても精々半数弱と言ったところで、逆を言えば2戦に1戦以上はバスターで無い何かに当たる。長く広い目で見るなら単純で大きい出力を有するバスターというアーキは非常に魅力的だった。バスターに強いバスターが強い。


○デアリである理由

環境にバスターが多すぎる

バスター同型はマナロが強い!デアリ相手なら最速フルパンでも勝てる!

ギフト、解体の所為により、相手より早くマナロック、もしくはバスター着地がしやすい

バスターに強いバスターの出来上がり







『おやつ関東バスター』

3 x フェアリー・ギフト
4 x フェアリー・ライフ
4 x ダーク・ライフ
3 x ライフプラン・チャージャー
1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
4 x 蒼き団長 ドギラゴン剣
4 x 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート
3 x 超次元ムシャ・ホール
2 x 超次元リバイヴ・ホール
4 x 勝利のアパッチ・ウララー
4 x 解体人形ジェニー
4 x メガ・マナロック・ドラゴン

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
2 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード



・解体人形
上記にもあるように同型戦におけるマナロとバスターの先出しをより有利にする札。後手からでもチャンスを作れる札であり、単枚での強さも評価点。マナロによるタイムアドバンテージで後発的なプレイが可能になっており、対門のミルザムや対5cのデッドブラッキオ、また対ハンデスのクラッチなどに対しての出力が必然的に上がっている。

・マナロック
現環境出したら数ターン貰えるので実質覇×2くらいの基本出力で、尚且つバスターの弱点を補完する札をプレイできる猶予を作り出せる役割も相まりデッキ単位でのシナジーがヤバい。出したターンはノーリスクでターンを貰える上に、次ターン以降、後発的なメタカードプレイの直後に自身はバスターに変われて隙が少ない&無駄が無い。しゅごい。

・ギフト
ほぼほぼ同型専用札。最初はライフギフトマナロみたいな最大出力を狙うカードかと思ってたけど、多色多いデッキなのでジャムりもあって中々難しい。どちらかと言えば死に試合でワンチャンを作ったり、若干不利な状況を捲ったりするための意味合いが強い。同型においては解体かこれかのどちらかを引いていれば試合になることが多いため、解体の基本出力と広めの役割を評価しこちらの枚数を減らしている。

・ライフプランチャージャー
バスターというデッキタイプ自体、基本構造がチェンジ元、バスター、ウララーを揃えるコンボデッキみたいなもんであるため、この手のカードはやはり強い。ゲートを採用していない理由としては、単騎やラフルルなどの局地的なメタクリを積んでおらず、のべーっとした構築なので、バスターかウララーの足りない方を持ってこれたらそれでいいかなくらいの浅い考えから。多色フラットの多いデッキなので撃った時点で5圏に到達でき、次のプレイに支障が出にくい。このデッキ自体、ギフト、解体、初動8本まで入れているため、バスターというデッキタイプの中では取り分け低いデッキパワーを有している。そこらへんの低い出力をケアすると言った意味でも、イーヴィルをプレイするためにホールを置かざるを得ない状況などを作らないと言った意味で間接的にデッキの出力を底上げしており優秀である。

・次元
この時はまだ触り始めて日が浅く、理解度不足から後回しになり結局よくわかってないままガバで出場。


8/12 おやつ関東

予選
緑門ループ○
イメンループ×
オプループ○
緑門ループ○
オプループ○

本戦
赤黒バスター○
青白門ループ×

Best8


どうせバスターと門が多い!!解体4だ!!という大まかな予想までは合ってた。青白門とかいう盾強マンの存在を知らなかったのが敗因。



〜〜〜



サイハテcs調整期

今度のチームは養分丸と大泉洋。分丸が例の青白門作ってきてたので回す。



ちょっと待って何これ全く勝てない。嘘でしょ流石にもう少し勝てると思ってた。何か話によると単騎やシャッフも単枚くらいなら返せるらしいし、どんだけ盾強ニキなんだよ


でもこの青白門をメタから除くの流石にリスキーじゃない?

しょうがなくラフルルとかいうクソザコカードを採用

ピンメタなのでライフプランを全部ディメゲに

出力がガン下がりして全盛期の赤緑シロガシラジュカイくらいのデッキパワーくらいになるが、一応青白門には勝てるようになる

まぁええか…なんとかなるやろ



『サイハテバスター』

3 x フェアリー・ギフト
4 x フェアリー・ライフ
4 x ダーク・ライフ
1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
4 x 蒼き団長 ドギラゴン剣
3 x 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート
3 x 超次元ムシャ・ホール
2 x 超次元リバイヴ・ホール
4 x 勝利のアパッチ・ウララー
3 x 解体人形ジェニー
4 x メガ・マナロック・ドラゴン
2 x ディメンジョン・ゲート
1 x 五郎丸コミュニケーション
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 音精 ラフルル

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 時空の指令 コンボイ・トレーラー/司令官の覚醒者 コンボイ
1 x シルバー・ヴォルグ/撃墜王ガイアール・キラードラゴン
1 x 流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン


・ラフルル
このデッキ内において最強カード且つ最弱カードみたいないつものやつ。流星からチェンジしたりバスターから投げたりする。基本的に門相手以外には全く使わない上に多色なので、そういう相手対面で上から引くと浄化されて死ぬ

・ハヤブサマル
折角ディメゲにしたから入れたいよねってのはあって、それと言うのもデアリの構築が大体似たり寄ったりで受けが切ってあり、バスターに限らずリスやイメンまで6点GOしてくるため。ハヤブサ合わせて4枚なら2戦に1戦くらいは盾に埋まってるとして、半数は6点止められそう。バスターの6点も最初3点で引けば止められるし、解体が場に入ればどこで踏んでも一応止まる。ハンドに来た時もそこそこ強くて、6点死にを意識せずに試合を展開できるため、無茶なフルパンなどをしない展開等を作れる。また単色であるため基本プレイを阻害しない。ラフルルやマナロック、解体など盤面に触れない代わりに相手のカードのプレイを阻害するカードをプレイする余裕ができ、これらがデッキ内に多いため、デッキ毎のシナジーも大きい。

・ディメンジョンゲート
めちゃくちゃ弱いはずなのに引っ張ってくるだけで勝てるカードがあるので、相対的に強い。アナデッドの時もそうだったけど、インフレにより逆転現象に近い現象が起こっててすごいと思った(こなみかん)

・解体人形
ラフルルのために削った枠。門に対してはラフルルを集めるルートがメインになったため、マナロからの後発的なプレイよりも先発的にプレイして時間を稼ぐ札に変貌した。対緑門であればマナロ解体で押し切ることもできるが、ラフルルをプレイできるならそれに越したことはない。

・イーヴィルヒート
ハヤブサのために削った枠。本当にこれ以上デッキの出力を削るんか?って話にはなってたけど、大事な局面トップこれで死ぬ試合と、これが入ってて何とかなる試合を見比べると若干後者の方が多いだろうって意見になり1枠減。リバイヴとの枚数の兼ね合いについては、多色ジャムの面と勝利リュウセイが強い面から、こちらの方が裏目は若干多くとも基本的な出力が上であるため少しでもリバイヴを取るべきだろうといったところからこちらを減らすことに。



8/20 サイハテcs

予選
青白門○
ネクスト○
赤黒デッド○
リス○
デアリバスター○

本戦
イメン×○○
レッドゾーン○○
緑門ループ○○
青白門ループ×○×

準優勝



決勝クソザコプレミして死。リストは結構強かったのに使用者が弱かった典型的パターンで、養分丸には本当申し訳なかった。戦績だけ見ると8-1ではあるけど、あのプレミ一つが114514敗くらいのモノだったので、実質8-114515。




■終わりに

と言った感じのデアリバスター調整期。やはりバスターというアーキの線の太さ。多少メタったくらいじゃ引きの差で上から簡単に踏んでしまうし、逆にバスター側が線の太さを活かした構築ができるため、もうなんかすごい。理解度0からでも2大会で2吸い込む取れたし、他に比べ底のポテンシャルが段違いなんだと改めて実感した。

仕事が夏季休暇で1週間暇だったので結構回す時間があり、サイハテ時のリストは結構精度高いところまで行けたのではないかなと思ってます。次元の枠は最後の最後まで理解度の低いまま行ってしまいましたが、恐らくコンボイが抜けてエビセン辺りになるんじゃないかな…。ギフト殿堂らしいので賞味期限も残り少ない。来月15日までの命ですが参考程度に。


終わり NHK
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。